エロゲーム アラサー男が清楚お嬢様を助けたら

エロゲームPCダウンロードゲーム

エロゲーム アラサー男が清楚お嬢様を助けたら

神楽黎明記 〜ナツの章〜

神楽黎明記 〜ナツの章〜
神楽黎明記 〜ナツの章〜

巫女・ネコミミ・獣系・辱め・触手・バトル・デモ・体験版あり・神楽黎明記 〜ナツの章〜 1,000円OFFセール・

「何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG」である神楽シリーズの中で、お手軽に「毎回タイプの違うヒロインと妖怪との異種姦」を楽しめる「神楽黎明記」。
今回は巫女さんではなく「夏神楽」に登場した神様・ナツが主人公!
無口で無表情なナツと妖怪の異種姦Hが楽しめます。
もちろんシリーズで好評のバッドエンドも用意されています。

□妖怪化エンドを追加
神楽黎明記シリーズをプレイされた方から要望の多かった、バッドエンドを今回も用意しました。
特定条件を満たすと、バッドエンドを迎えることができます。

□Live2Dアニメーション
立ち絵及び一部イベントCGにLive2Dアニメーションを搭載。
ADVパートではキャラクターが可愛く動きます。

□妖怪とのHシーン
神楽シリーズの特徴でもある、妖怪との異種姦。
それに特化して低価格帯ソフトとしてお手軽に深く楽しめる作品となります。
妖怪とのHシーンは18回、処女・非処女の違いや同じ妖怪に2回目以降襲われた場合には、より濃いHシーンを楽しめます。
また、毎回一人のキャラにスポットを当て、そのヒロインと妖怪のHシーンを描くことで、ヒロインの性格や性感帯など特徴の現れるHシーンが展開されます。

□Hシーンだけじゃないゲーム部分も何度も遊べます
本作ではローグ型RPGを採用しており、ダンジョンの形や敵の配置が毎回変わります。
また、これまでの神楽黎明記シリーズで好評の「妖魂ふりわけシステム」や『初花の章』で一新された「百鬼夜行システム」などを搭載。
仲間にした妖怪を強化して怪異に立ち向かおう!

□難易度変更&フルコンプも可能
ゲーム部分が苦手・面倒という方のため、ゲームの難易度を変更する機能を搭載。
イージーは「敵の弱体化」「敗北時の所持品喪失無し」「探索時にレベル継承」「周囲の情報ON」といったゲームが苦手な方でも攻略がしやすい難易度になっております。
タイトル画面にフルコンプボタンを追加。ゲームをプレイしなくてもCGやシーンの鑑賞が全て閲覧できるようになります。

◆物語◆
殺生石をめぐる事件からしばらくしたある日。
一人で神社に留守番していたナツの元に、近くの村の村長が助けを求めてやってきた。
村長は村の近くで妖怪が暴れているので、退魔士に助けを求めてやってきたという。
しかし、今神社にはナツ一人。ナツは少し考え、自分がなんとかすると村長に告げる。
こうしてナツは近くの村を救うべく、一人で妖怪退治へと向かうのだった。

Secret Agent 〜騎士学園の忍びなるもの〜

Secret Agent 〜騎士学園の忍びなるもの〜
Secret Agent 〜騎士学園の忍びなるもの〜

お嬢様・令嬢・くノ一・女戦士・デモ・体験版あり・DL版独占販売・ファンタジー・学園もの・

主人公、御影迅の家は江戸時代から国防を担う忍者の末裔であり、
そこで生まれ育った迅は、秘密諜報部員である母親の後を継ぐべく、
修行中の忍者の卵である。

そんな彼に世間を騒がせる通称「蝙蝠事件」の解決のため、
冬華学園への潜入捜査が命じられる。

相棒のAIであるモモカとともに学園への潜入を果たした迅は、
クラスメイトのカノン・メイフィールド、騎士である白鐘神楽や
団長である蓮城寺舞、後輩である雨ノ森ゆいたちと
仲を深めつつ、怪しまれることなく任務をこなしていた。

しかし、あるハプニングによりカノンに迅の正体がバレてしまう。
正体がバレることは任務の失敗を意味していたが、

「私を、忍者にしてくださいっ!!」

迅の正体を誰にも言わない代わりに、忍者にしてほしいと
お願いされることに!

はたして迅は無事任務を達成する事ができるであろうか。

アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。 〜押しかけ・迫られ・マンキツH〜

エロゲーム
アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。 〜押しかけ・迫られ・マンキツH〜

お嬢様・令嬢・淫乱・デモ・体験版あり・20%OFFキャンペーン

「……ああ……またお前か、はぁあ……よくやるよな、毎日毎日、まったく……」

また、彼女だ。
昨日も今日も一昨日もずっと、また、また、この娘が部屋の前で‘‘待ち伏せ’’ている――。

「また、とはなんです? ずいぶんな物言いですね」

「おい、人のポケットに手を突っ込んで、勝手に鍵を抜き取ろうとするなよ……」

にっこりと微笑む、わけのわからない美少女。
黙っていれば天使のようだが、喋るととっても図々しい娘。
俺にまとわりついてくる奴。
まあ、なんでこうなったかというと――。

つい先日のこと。
帰り道の繁華街で男たちに絡まれているこの少女を機転を利かせて助けたところ、
何故か俺に付きまとうようになった。
そして部屋に入れてくれとせがまれたが、そんなことが周囲に知れたらたちまち
‘‘事案発生’’だ。

だから、きちんと断った上、さっきのこともあるし夜道は危ないからという理由で、結局その時は、学園の寮まで送る羽目になったのだが……。

「……今日こそは、お部屋に入れてもらいます。入れてもらえないのなら、悲鳴を上げるしかありませんね」

「な……!!」

部屋に入れれば‘‘事案発生’’。
部屋に入れなくても‘‘事案発生’’。
進むも地獄、退くも地獄……。

「どういたしますか? 悲鳴コースか、それとも、お部屋に入れるコースで……」

馬鹿馬鹿しい究極の選択ながら、俺はむっつりと黙りこくったままどうにも致し方なくて、俺は部屋のドアを開けた。

「ありがとうございます、尚人さん! それでは、お邪魔いたします」

財前花澄と名乗ったその少女は、満面の笑みを浮かべて得意げに胸を張り、俺よりも先に俺の自室内へと入っていったのである。

タイトルとURLをコピーしました