祝福のカンパネラ 初回限定版

祝福のカンパネラ 初回限定版

祝福のカンパネラ 初回限定版説明

《ご注意ください》 タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、出版社やメーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。《ご注意ください》 本商品のAmazon.co.jpオリジナル特典は、マーケットプレイスでご注文された場合は付属しません。《ご注意ください》 メーカー特典につきましては、出品コメントに明記がない限りマーケットプレイスからの購入では付属しません。《ご注意ください》この商品はお客様都合による返品の場合、全額返金できない場合があります。

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

祝福のカンパネラ 初回限定版口コミレビュー

作品自体の完成度が高く、ショートコント的な個所が面白くストーリーに引き込まれます。

キャラのデザインは良く、話の内容的にはまあまあ。しかし、話の途中で出てくるミニゲームみたいな戦闘がいらないなあと思いました。まあ、好きな人は好きなゲームなのではと思います。

はっきり言ってグラフィック重視です。背景が多く、同じ街並みを使って誤魔化していない、という点は素晴らしいと思います。3D化する意味がわからないとの意見もあるようですが、自分的には絵に動きがあって良かったと思いますよ。それから話の区切りごとに、デフォ化されたキャラクター達の一枚絵が入っているのお気に入りです。ただ、スト―リは飽きるかも。 あからさまな女の子の好意も、見てて飽き飽きします。後、戦闘の選択肢はいらないですね。あれだったら、立ち絵のまんま、キャラに動きを入れたほうが想像力をかきたてられます。システムだけなら三つ星、こ〜ちゃさんの絵が入って四つ星です。ゴーレムが一番いい(笑

体験版をプレイした時から感じていたのですが、主人公の性格が悪い意味で普通過ぎて盛り上がりに欠けます。それに加え、ヒロインも基本的にみんな主人公ラブなので予定調和の様な会話が続きます(双子はいい味出てたけど)。バトルパートに関しても正直これ必要か?ってな内容で拍子抜けでした。どうせやるならミニゲームになるぐらいのシステムを考えて欲しかったです。結論から言うと絵が好みで尚且つこてこての王道が好きって人以外は購入は控えた方が良いと思います。

今回の「祝福のカンパネラ」をプレイしたことで3個目のエロゲー&3回目のレビューを迎えられました!あまり適切に表現・的確に説明できないと思いますが…初心者である私のレビューをどうか温かく見守って下さい。では、早速…今回のメインヒロインは4人です。サブキャラは(双子を1人として)2人と考えられるでしょう。Hシーンはメインは各3回ずつ、サブは各1回ずつとはっきり分かれています。まず、始めに内容から…世界中に「エール」というエネルギーが満ち、今日の人々の生活を支えています。太古の昔、竜王たちが残したエールの力を宿した晶石が、様々なものに利用され、また様々な力を宿しています。主人公はそれら晶石を加工するアイテム技師として、そして人々の依頼を受けて問題を解決する冒険者という役職を担っています。主人公の所属するクランoasis。ここに以前から信頼する仲間・新たに出会った仲間が集い、家族が見守る中迎える7年に一度、エールが大量に降り注ぐ流星群の日。ここで偶然に、大聖堂で眠ったままの少女と主人公たちが出会う。そこから始まる物語です。始めの物語説明が結構長いですが、それもそのはず。ボリュームは十二分の一言で、本作はかなりの長編となっています(・・;) メインヒロイン1人のストーリーにつき、まともにプレーしたら約12時間以上かかると思います。全体をクリアとなると、個人差はあるでしょうけど3・4日はパソコン前から動けませんねww しかし、一人ひとりの話がしっかりしていて、話の内容も読みごたえがありました! キャラも性格・特徴がはっきりして、エロゲで蔑ろにされがちな男性陣もしっかりと主人公に関わってきてくれます。そして、私自信この作品が好きな理由の一つに嫌いなキャラが誰一人としていなかったことです☆ 全キャラがいて初めて「祝福のカンパネラ」が成り立っています!祝福のカンパネラで大事にされていることは特に“相手を思いやる気持ち”が印象的でしたね(・v・)♪ どのキャラも相手のことを第一に考えて、直面する危機も皆で一緒に乗り越える!そんな感じです。ですから、エロゲーと言うよりもRPGに近いと思われますw 終始回りくどい遣り取りが続いて…エロ目的の方ですともどかしい内容かも知れません… ですが、人として一番大切なことを丁寧に教えてくれていると思います。主人公も人に感謝することを日々忘れないで過ごしていました。 終章ではどのキャラルートでも感動する内容で、私は泣いてしまうところも少なからずありました(T_T)基本的には依頼されるクエストをこなしていくことで物語が進行します。選択肢についてですが、大まかに申しますと…物語は大きく1・2章、そして終章へ続き、個別ルートクリア次第各キャラにafter storyが選択できるよう設けられています。内容・文章は…誤字・脱字は10か所程度ありました。まぁ、かなり文章量ですから、むしろこの程度で済んだことは逆に評価できるのではないでしょうか。気にする方も私みたいな真面目に読んでいる方ぐらいでしょうしww…以上の結果を踏まえて、内容は☆3です。私は好きなのですが…やはり万人には話が少し長く、だらだら進んでしまうイメージかもしれません。それに戦闘も多少ギャップがあるのも事実です。慣れてしまえばどうってことはないのでしょうけど(>_<) 長々とすみません(-_-;)…次にシステム系に関して…会社「ういんどみる」さんは昔から丁寧ですね♪タイトル画面から環境設定・画像処理・回想シーン・音楽等入りやすいですし、スキップも中々の速度です。前選択肢にも戻りやすいですから、細かなルート回収には大いに役立つはずです! でも、少し残念なのがタイトル画面へ戻る時やスクリーン表示が左上に取り付けられてしまったことですかね… 私が全面的に悪いのですが…私はvistaのフルスクリーンから始まりましたので、どこに取り付けられているのか表示が隠れてしまい、当初気付きませんでした(笑)音楽・BGM等は、劇中ではその場の雰囲気にとてもマッチしていましたし、キャラクターの心情や場面の移り変わりをよく表現されていたと思います。少し調べてみましたら、かの有名なElements Gardenさんが担当でしたので…納得かな♪ OP・ED曲は素晴らしすぎるの一言。勿論、キャラソンEDの4曲も歌詞にキャラクターの想いを余すことなく創り込まれていて…私は大満足でしたね☆そして初回版だけらしいですが、ゲームは主人公以外フルボイスで作られているはずが、どうも発売までに一部のサブキャラクターに修正ボイスが入れられなかったみたいです。購入時にお詫びの紙が同封されていました。でも、問題の解決方法など公式ページで丁寧に対応されていましたので、特に大きな問題もありませんでした。ですので、システム系は☆5の評価を致します。最後にキャスト陣を述べますが…ゲームに出演されている声優さんは知っている方も一部いましたが、やはり…と言いますか、知名度があまりない人たちでした。しかし、声優としては一流です!感情もこもっていましたし、誰一人違和感に思うキャラはなかったです。2010年にアニメ化した時は、声優陣は総入れ替えでしたが…原作の声を忠実に再現されていましたので、こちらも特に問題には感じませんでした。キャラクター原案のこ〜ちゃさんや監督のウシロシンジさん、そしてほかのキャストの方々も大変素晴らしい仕事をされたと思います。以上から、キャストさんは…ストーリーの長さ等も考慮して☆4.5です。全体を通して総合的に☆4とさせていただきます(・ω・`)私の評価は正直他の人と比べたら甘いと思います。他の方のレビューでも内容で納得のいく人といかない人、はっきり分かれてしまいました。でも…それでも私はこの作品に☆5をあげたかった。結果は☆4ですが…作った人たちの様々な想いがプレイ中でもひしひしと伝わってきました。それだけ心のこもった作品でしたし、何よりプレイする人に何かを訴えかけ…私自身の心が温かい気持ちで満たされていきました。エロゲーという枠で作り上げてしまった作品でしたが、その概念を通り越して広い心で作品を見つめればきっと違った評価もできたのではないでしょうか?これから購入される方もそうでない方もこのレビューを参考にして決めていただければ幸いです。 前作、「はぴねす」の会話のテンポが面白く、かつシナリオが良かったことから、今作、「祝福のカンパネラ」に期待してプレイしました。個人的に・・・ハーレム状態のなのにハーレムでもなく、ヒロイン同士も物分りがよくいざこざなし・・・あんたらそれでいいの?ってツッコみたい感じでした;;シナリオが予想できる為に、感動が無く、戦闘も熱くないために、評価☆2にいたしました。今作の評価良い点・CGが綺麗で、可愛らしい感じ・サブヒロインの双子が話に加わると、テンポよく面白い・システム面(次の選択へ、前の選択へ)などがあり、操作性は良い・ノーマルHが3つあること?(個人的には気にならなぃ;)・サブキャラも良いため、ファンDiscに期待が持てる・個別シナリオが長い(1/3以上)悪い点・シナリオが普通過ぎ・・・予想通りの結末と内容で面白くない・立ち絵のキャラの頬が、まんまるほっぺっというか、赤く違和感が;・3D化する意図が伝わらない;・戦闘が、選択肢なため暇・設定(エールやオートマタ)が絡むシナリオがなぃに等しい。・最大のなぞ、全てを知るママさん(主人公の母親)の謎が欠片も明かされない;以上。絵、萌え重視の方にはお勧めですけど、シナリオ系重視の方は一度考えてみて^^; まず世界観や設定がわかりにくい。一番最初にわかりやすく説明が入ってれば少しは良い印象だったと思う。あとは話の内容を引き伸ばす場面が多く見られました。他の作業をしながらやるのがちょうどいいかも、かと思いきや中途半端な戦闘シーンがあるのでそうもいかない。これはいらなかったかな?キャラはいいのでそれだけでも許せる!という方ならお勧めできます。それ以外はちょっとお勧めできません。私は失敗だったと思っています。☆1つにしたいところですがニナさんに免じて2つにしておきます。ただ祝祭のカンパネラは買うかもしれません。メインストーリーと関係ないでしょうしキャラ自体はいいので楽しめるかも知れませんね。嘘つきました。ニナさんが見たいだけです。

祝福のカンパネラ 初回限定版画像

-エロゲーム

祝福のカンパネラ 初回限定版を見る

タイトルとURLをコピーしました