EXE

EXE

EXE説明

母の死を心の傷として抱えた主人公が失った過去と真実を求める姿を描いた18禁アダルトアドベンチャー

動作環境 プラットフォーム: Windows XP / 2000 メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

母の死を心の傷として抱えた主人公が失った過去と真実を求める姿を描いた18禁アダルトアドベンチャー。火事が起こった。八坂総合病院で起こったその火事は、付近を巻き込むほどの大火災となって沢山の被害をもたらした。そこには、とある研究のために病院で働いていた伏見籐矢の母親、伏見鈴乃も含まれていた。・・・火事から10年、籐矢は人並みの幸せと不幸せを味わいながら、ごくごく普通に成長する。しかし、未だ彼の心には母親を失った事故の記憶が深く刻み込まれていた。燃え盛る炎と、何も出来ない子供の自分、そして母を失ったという過去。そんな悲しみを抱えながらも、妹の真姫奈と姉のような白峯沙耶と楽しく暮らしていた。そんなある日、いつもの日常を送る籐矢は見知った顔の女性を見かける。それはどう見ても伏見鈴乃にしか見えない女性だった。籐矢はどうしてもその女性のことが気になり、その姿を追いかける。そして対面した女性は、間違いなく自分の母親であった。その母と会話する籐矢だが、どこか、違和感を覚える。そんな籐矢に対して、鈴乃は笑いながら襲い掛かってきた。自分の母親に突然襲われ、抵抗することもままならずそのまま命の危機に晒される。そこに突如現れた日本刀を手にした女性が籐矢の命を救うが・・死んだはずの母親が生きている理由、目的、その行動。そして、母親が関わっていたという研究・・全てがわからぬまま困惑すると同時に、籐矢の胸の奥にはとある気持ちが湧き上がる。母さんが生きているなら・・今ならまだ・・。抱え込んだ悲しみと過去と対峙する伏見籐矢は、真実を求めて歩き出す。審査番号:0023468

EXE口コミレビュー

全キャラ、シナリオを1通りプレイしました。このレビューは比較的批判的なものとなります。システム面よりシナリオ面においての感想となります。(ネタバレは避けますが……)【全体的に消化不良】伏線の回収が下手くそです。具体的に言うと謎に謎を重ねたため、片付けることがほぼ不可能になってしまった感じがします。反面、回収される伏線はとても綺麗で納得のいくものでした。(籠夏希ルートが特に)また凄まじい、ここまで来るといっそ清々しいとまで言えるほどの後付け設定の登場もあり、雑な書き方が目立った点もマイナスです。(貴船美緒ルート最終など)【サブヒロインについて】失礼ですが、眠たくなるほどにつまりませんでした。サブである以上共通ルートの伏線は回収されなくてもいいと感じてましたが、声色がほぼ前作の妙である点や沙耶さんが他のルートに比べて非常に鬱陶しい点、そして山場という山場がない点で飽きました。【憤りを感じました】主人公の母親の態度、立ち振る舞いで非常に嫌悪感を覚えました。前作の妙とくらべてマシかな、って思える程度です。人として尊敬できない。E×Eの中で1番嫌いです。【全体を通して】二作品目なので批判的なレビューは遠慮しようかと思いましたが、籠夏希ルートの出来の良さとシナリオ以外での面白さ、そして当時のエロゲの中でもズバ抜けて可愛いヒロイン達で真面目な評価をしようと思いました。籠夏希ルートやデザインで星5(主は野宮悠推しですが笑)ですが、シナリオ面やサブルートにおける沙耶さん、そして主人公の母親の立ち振る舞いで星2です。長文失礼しました

学園バトルアドベンチャー ゲームですがバトル要素は低めかと、メインヒロインは3人でサブヒロイン1人その他のルート2人 で合計6人のルートを攻略できますが、メインとサブ以外のルートは短いのであくまでおまけっていう感じですね。全体的にみて、最近の作品と比べるとさっぱりしてるなぁという印象で、シナリオも少し課題点がある感じでした。さすが2作目wグラフィックなどは大満足です。是非CG絵をコンプして欲しいですね^^

体験版で面白かった(続きが気になった)ので購入しました。他の人も言っていますが、シナリオはそこまで凝っていない感じです。攻略キャラが少ない分ちょっと物足りないかもしれませんが、魅力あるキャラたちなので個人的には満足です。バトルものということで魔術要素もありますが、精神論で納得できる感じかと。あっさりシナリオでもキャラクターに惚れた自分は満足の☆5つです。

CGも声優も良かったと思う。シナリオは少し物足りなかった。音楽は、EDを霜月はるかさんが歌っており、十分マッチしていると思います。Hシーンは出す場所を選択できますが、CGコンプ目指す場合のことを考えると微妙です…。サブヒロインの攻略。苦戦しました…。orzそれから終わり方が何となくはっきりしていなかった気がしました。

ゆずソフトさんは前回から絵がいいなと思ってました。案の定、絵はよかったです。可愛いですね、主にロリ調が。ただ、シナリオは、と言われると誉め言葉はあまりありません。まず、本作には魔術の概念が出てはきますが、それについての堅固な構成はありません。当然、そんなわけで戦闘にはあまり面白みがありません。具体的に言うと、各々が魔術を有して戦闘をしますが、その魔術自体にあまり魅力がない、と言ったところです。と、また、ボリュームがあまりないこと。さっさと終わって平和です。起承転結が素直なまま。先が読める展開。と、本来、戦闘CGには期待できないだろうと思っての承知で買ってみましたが期待通り。延々と辛口を繰り出してきましたが、恋愛ゲーとしては一般レベル、戦闘含みの、魔術絡みのノベルゲームとしては二流か三流、そんなところで。ゆずソフトさんには、もっとこう、ほんわかしたイメージのゲームが似合うと思います。ただ、前作から比べて、ボリュームと質は確かにあがっています。絵を武器にして、自作は恋愛一本を期待したです。結果、嫌いではありません。ただ、好きにもなれない、と言ったところ。批判、長文失礼しました。

ついにゆずソフトさんが二作目を発売してくれましたね〜☆前作は学園メインの作品でしたので、今回のジャンルはまた違った感じでプレイできると思います。ただ、そんな中にもゆずソフトさんらしさが残っているので「うん、やっぱゆずさんのソフトはいいな」って思います。CVも豪華だし、イメージイラストなんかもかっこよくていい感じでしたよ!それに、今回も榊原さんが主題歌を担当されていたのも評価高いです><…残念なのはもう少しボリュームが欲しかったかなと思います。FD等でるといいですね〜

絵がいいという理由で買ったんですが、ストーリーの方も選択肢が少なく初心者向けで、シンプルではありますが面白かったです。各キャラクターがとても良く、特に悠のツンデレは最高でしたが、このキャラクターの良さがストーリーのシンプルさを補っているんだと思います。ゆずソフトをこの作品で好きになりました。次はぶらばんの方もやろうかと考えてます。

EXE画像

-エロゲーム

EXEを見る

タイトルとURLをコピーしました