サバト鍋 ニトロアミューズメントディスク

サバト鍋 ニトロアミューズメントディスク

サバト鍋 ニトロアミューズメントディスク説明

ニトロウォーズ戒厳聖都イラストニトロプラス

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: CD-ROM商品の数量: 1

ニトロプラス史上初の、アミューズメントディスクがここに登場。脚本『鍋屋ジン』×原画『津路参汰』による『竜+恋[Dra+Koi]』をはじめ、『戒厳聖都』や『ニトロウォーズ』などのミニゲーム3本を収録。その他にも書き下ろしイラスト満載のニトロプラス壁紙集や、100枚以上にもなるお蔵だしマル秘イラストなども収録。

サバト鍋 ニトロアミューズメントディスク口コミレビュー

ずいぶん前に購入して埃を被っていた哀れなゲーム。中身は非常に楽しませてくれるものばかりでした。ニトロウォーズ操作が多少難しいものの非常に楽しめました。それぞれのキャラを知っているとさらに楽しめるゲームですね。竜†恋友人曰く「これだけでご飯三杯はイケる(何」内容は短く収めるために展開が速いのもあるのですが、非常によかったです。しかし、プロモで使っていたムービー等を使えばもっとよかったかと。『萌えて進め!』は聴いてると腹筋が痛くなってきます。戒厳聖都RPG・・・らしいけど恐ろしく難しいゲームです。自分は序盤で匙を投げました。雑魚に負けます。

 この作品、面白いには違いないんだろうけど。感動の深さはプレイする順番に著しく左右されるにも違いない。 もともと尺の短いゲームだけあって、一本道にトゥルーENDまで到達してしまった場合、登場人物の気持ちが上手く理解できない。感情移入も難しい。だから感慨も薄くなる。 先達から贈れる言葉があるとするならば、後に続くものよ。「背負う夢があるのなら。人よ、正しくあれかし」と己のいう。 ・・・・・・まぁ、それでもドラゴンまっしぐらでデレデレにENDまで突っ走ってしまった貴方。そのうえ最後に現れてしまった選択肢を、初見プレイにも関わらず“間違え”てしまった貴方。物足りないと思うなら「ぎんいろアクマときんいろオバケ」は如何かな?

ニトロウォーズ、戒厳聖都、竜†恋の3つが収録されているゲームです。ニトロウォーズはシューティングゲーム。刃鳴散らすまでのニトロプラスキャラ総出演ということで、プレイしたことあるのゲームのキャラの攻撃方法なんかをみてクスリと笑わせてもらいました。やはりニトロ作品もやっていたほうが楽しめるゲームだと思います。セリフひとつ取っても印象が大分変わると思いますので。竜†恋デモンベインの鋼屋ジン氏がシナリオを書いたこの作品。さすがは鋼屋氏、といいますか。人外ヒロインを書かせたら彼に勝る人はいないんじゃないかと。音楽もいいです。特に、萌えて進め!の電波っぷりにはもう失笑。今までのニトロゲーでここまでアホな歌はないんじゃないかと。戒厳聖都刃鳴散らすのおまけゲームであった、戒厳の野望の続編にあたる本作。難しいです。油断すると雑魚に俊殺されて一瞬でゲームオーバー、なんてことになりかねません。もう少し戦闘システムを違うものに出来ればよかったのですが…。動作も少し重いですし。ただ、シナリオ的には刃鳴散らす本編より楽しませてもらいました。

サバト鍋 ニトロアミューズメントディスク画像

-エロゲーム

サバト鍋 ニトロアミューズメントディスクを見る

タイトルとURLをコピーしました