あまあね

あまあね

あまあね説明

Windows用PCゲーム

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

審査番号:0027762

あまあね口コミレビュー

絵買いとしては☆2つ、エロゲとしては☆1つ。特に目立った特長はありません。並以下の作品です。良くある絵柄がポップなデザイン、場合によってはギャルゲ展開。そのためエロくはありません。ギャルゲとしてなら絵買いでも可ですが、絵師のきくらげ、四条定史、熊虎たつみのファンで無ければ外れです。それにしても、主人公のデザインは『とらドラ』の竜児でしょうか?そのままです。主人公のデザインや一人称での進行は苦痛かもしれません。他にもベッキーみたいなのもいますし、全キャラどこかしらとってきたようなものかも知れません。購入前に体験版をやってみた方が良いでしょう。ただし、体験版以上に本製品が面白くなる事はありません。

熊虎たつみ絵師の絵に釣られて購入しましたが出来はちょっとお奨め出来ません。まず前半のガールズバンドはどの√でも結果が同じでミニゲームはやってもやらなくても関係無しと言う本当にただのオマケ的なゲームです。しかも後半はバンドの話は一切無し、同棲ハーレムから1人を選ぶだけで後は当たり障りの無い同じ様なエピソードがあるだけです。ちょっとツリ目なだけの主人公を未曾有の悪人の様に設定してあるのも違和感を感じました。シナリオにはあまり期待しない方が良いでしょう。

言いたいことは他の方が大体書いてくれていてほぼ同感ですが、それ以外で気になったところを。画面の立ち絵、普通は話し相手のキャラがメインですよね。このゲームではヒロインよりも主人公の立ち絵ばかりが目立ちます。モノローグ中とか会話の間も。話し相手が多ければ引っ込むのですけれど、ワイド画面の構成にして隙間を埋めるためかもしれませんが、かなり鬱陶しいです。後は人物の体型が微妙に変。主人公と同じ作画の人のキャラ;恵だっけの立ち絵の体型が変。異様に骨盤?がごつくて、ちょっと安産型ではすまないレベル女の子としてはかなり可哀想なボディラインに見えます。これまでPeasは割と好きなメーカで指名買いしてたのですが・・・。ちょっとこれまでの作品からすると考えられないくらい質が落ちていると感じました、ひょっとして外注に丸投げ?

主人公は寮の管理人でしっかり者。反対に姉たちは弟に依存傾向がある、ちょっとだらしない人たちという設定で明るい、コミカルな雰囲気で進みます。途中バンド演奏がある文化祭イベントまでは共通ルートでその後は攻略したい姉を選んで、その後固定ルートとなります。絵柄が可愛いので、むっちりした色っぽい姉ではなく「妹みたいな可愛い姉」という世界観、雰囲気に付いていければ十分楽しめるかと思います。まだ桜川未央の声に聞きなれていなかった頃なので「姉なのにすげえ可愛い声だな」と感じたのを覚えています。

続きを5作品先とかなさすぎ!ここは1年で一作品なので5年もまたすきか!!!ってかんじです。 シナリオも微妙でした

あまあね画像

-エロゲーム

あまあねを見る

タイトルとURLをコピーしました