南十字星恋歌

南十字星恋歌

南十字星恋歌説明

アドベンチャー

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

審査番号:0031869

南十字星恋歌口コミレビュー

これは面白い。女の子が可愛い。内容も悪くない。お勧めです。

すたじお緑茶の最新作ですが、あいかわらず笑い所やギャグ満載ですが、どうかな~と思いましたまず、序盤くらいで5人中4人が主人公を好きになる展開、そんな感じでシナリオは進んで途中ある選択肢の中からヒロインを選んだらルート確定。正直、シナリオに力入れすぎてないでもうすこしそこにも工夫して欲しい。星2個の理由としては上のもそうですが、一つイライラするところがあった。ネタバレになってしまいますが、ストーリー途中に出てくる変な校長コイツまじでうざい、コイツが出てきてからすげーやる気が失せたコイツ出さなければまだよかったのに後は過去の作品もそうだが、共通に力入れすぎヒロインのルートにももう少し工夫してほしい正直、正規の値段で買うことはお勧めしないちなみに俺は途中もういやになって5人中3人しかクリアしてない。

ストーリーに出てくる悪役がイライラしてゲームがいやになってくるしかもちゃんとし決着もなくただただ金と権力で解決あと共通長すぎ

絵は文句なしです、好みの問題ですがすごい柔らかい絵で素晴らしいです。音楽は特に気にしませんでした。ストーリーはー・・・うーん・・・悪役は悪役らしく分かりやすく嫌な奴で面白かったですが、派手に倒すわけでもなく中途半端に退場するのでスッキリしません。主人公は恋色の主人公がチートだったので変化を加えたかったのかな?すぐに熱くなって周りに止められる描写が多くて魅力を感じません。特技は人より生活能力があるだけですしね・・・メインルート以外のストーリーは正直なんの感慨もなく終わりました。肝心のメインルートはアクシデントが起きればご都合主義で解決、とんでも展開に、不完全燃焼、そんな感じですが内容はともかく盛り上がるとこはあるし割りとサクサク進むので読むのは苦痛ではなかったです。総評としてレビュータイトルどおりでした。

ネタバレは極力さけたレビューとさせていただきますプレイ時間としては共通が16話で15時間近く(オートと手動を併用したため人により差が出てくる可能性はあります),個別が4~5時間ほどになりますセリフの最中に立ち絵が動くなどの演出はないものの、ヒロイン同士の掛け合いなど楽しい要素もそれなりに多かったです ヒロインや主人公・親しい友人や関連するサブキャラは物語を良い意味で盛り上げてくれるのですが、共通ルートの終盤で発言が鬱陶しいキャラが数名出てくるので、そこが個人的にはマイナス要素だったかな(話の展開的には必要な気がしないでもないですが・・)個別ルートに関しては「恋色空模様」の雰囲気が随所に見られますですが、その分「香乃梨ルート」のラストは違和感が強く一気に失速してしまった気がします「香乃梨ルート」もED近くまでは普通に楽しませてもらったので一応☆4とさせていただきますがラストまでしっかりしたゲームをプレイしたいという方は厳しい評価となるかと思います

前作の「祝福の鐘の音は〜」は、正直びみょーでした。なんか恋色空模様のヒットで調子に乗って、なんか奇をてらおうとして、ずっこけた感じ。なので、今回はどうなるのかと思ってましたが、基本的にヒット作の恋色空模様と同じ流れにしてきました。まぁこの点は潔いと思います。ただ、全体として見た時に、なんかストーリーの全体としての繋がりが薄いというか、話がブツ切りみたいで、なんか矛盾も多いし、恋色空模様のように、物語に没入することは、正直なところできませんでした。結構「この章って必要だったの?」って思うことも多かったし。そのせいか、うっとうしいサブキャラが必要以上に目について、勘に触ったりすることもあって、そこは困りましたね。特に、新しい学校長は最悪でした。物語的に、わかりやすい悪者を立てたいのはわかりますが、そもそも中途半端にしか物語に関わってこないくせに、やたらアクだけ強いというか、イライラばかりさせてくれました。なんか途中から声そのものがウザく感じてきたし(苦笑)あれだけあからさまな悪者として出してくるなら、もっとしっかりと物語に絡ませるべきだと思います。一応ラスボス的な扱いであろう公爵も、正直微妙で、ただの小者にしか見えなかったし。あと、主人公と妹たちの母親も、いきなり出てきて、すぐ消えていったただのクソな悪役キャラでしたね。そして、メインのカノリ姫ルートでは、最後にまさかのとんでも展開まで待っていました。いきなりファンタジーの世界の世界にぶっ飛んだので、ぽかーんとしちゃいましたね。なぜそんな設定を入れたのか。あまりに急過ぎて、理解できませんでした。  まぁ絵はいつも通り安定してたし、システムも特に不満もなく、その辺りは安心してプレイできましたが。ヒロインたちも可愛いですしね。まぁちっぱいキャラは二人もいらないけど(笑)あと、主人公も基本的には男気もあっていいやつですし、好感が持てる場面が多いです。ただ、あまりに猪突猛進すぎるのと、すぐ感情的になって視野狭窄になるので、同様にイラっとさせられることもありましたが(苦笑)個人的には、もっと主人公と妹たちとの絆をたくさん描いてほしかったなぁと思います。そこって、結構この物語的に重要だと思うので。ちょくちょく妹たちも絡んではきますが、正直、どれも消化不良な感じだったので。というわけで、総評で言えば「頑張ったけど、ちょっと残念でした」って感じかなと。奮闘の足跡は観えますが、残念ながら期待は上回れていなかったかなと。ただ、「これは買うべきでない」というほどの駄作でもないので、まずはキャラに魅力を感じれば、買ってもいいんじゃないかなと思います。特にAmazonだと、限定なしVerなら、すでにミドルプライスで買えるみたいですし。というわけで、ご参考までに。

前作の主人公もマンセーされていて気持ちが悪かったが、今作はそれ以上に気持ち悪かった。苦学生でバイト経験が豊富。自分のしてきた苦労話を知り合って間もない人たちに話すし、それを聞いて「主人公すごい」ってなるヒロインも気持ち悪かった。たかがバイト経験豊富な可哀そうな生い立ちの主人公がなぜここまでヒロイン達に持てはやされるか疑問。【サブキャラクターに魅力を感じない】歴代のすたじお緑茶作品はサブキャラが光っており、そこに魅力を感じていたが、今作にはそれがない。悪役は悪役でド低能、ただただステレオタイプの三下キャラが多く、主人公と対立するキャラに魅力が皆無であった。【変態友人ポジションキャラのレベルが低い】今作でいえば、そのポジションが主水であろう。が、はっきり言ってネタにもならないただのスケベ学生である。頭が悪いだけ。前作では数式の記号を下ネタに脳内変換できる天才が居たのに、どうしてこんなに変態指数が下がったのか。声優の演技も普通でつまらない。【衝撃のラスト】悪い意味で衝撃を受けるラストであった。伏線らしきものは張り巡らされているものの、この設定、本当に必要なのか?と疑問に思った。前作もそうだったが、作品の雰囲気をぶち壊しにする厨二設定をぶち込まないと気が済まないのだろうか。

南十字星恋歌画像

-エロゲーム

南十字星恋歌を見る

タイトルとURLをコピーしました