スマガスペシャル

スマガスペシャル

スマガスペシャル説明

ある日目が覚めると、あなたは落下していました──あれっ?ある日主人公は、何故か自分が大空から落下し、死を目前にしていることに気づく。どこかで聞いたことがあるようなこの状況に、経緯を思い出そうとするが、記憶喪失であるらしく、まったく思い出すことができない自分。「なにやってるの?」そんな絶体絶命の危機に瀕した主人公の前に、突然、彗(ほうき)に跨って空を飛ぶ3人の魔女たち・・・ではなく、カペラ、そしてデネブという全く見覚えのない2人の魔女が現れた。いきなりの非現実的な状況に混乱しつつも、地面に激突死!・・・はせずに、なんとか2人の魔女(エトワール)に命を救ってもらえた主人公は、自らも通うことになった伊都夏大学園の学園祭の準備を手伝わされることに。空から襲う不可視の巨大な脅威・悪魔(ゾディアック)と平和を守る魔女(エトワール)の戦場となり、滅亡の危機に陥る街、伊都夏市。見覚えがあるような気もするこの街で、いったいどんな物語が待ち受けているのだろうか!

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

スマガスペシャル口コミレビュー

途中でエラーがでて、先に進めなくなりました。(#^ω^)

前作にハマッてしまい購入しました。やはり面白かったですが、前回のラストに向けてのシナリオの印象が強すぎて「これで終わり?」という物足りなさが若干ありましたが、ファンにはおすすめです。前作プレイ済み必須かと思います。

まずスマガスペシャルから購入する事は今作を最高に楽しむ為に辞めた方がいいです(悪い点)宮本の話がしつこい、やりすぎ話に一貫性が前作に比べ薄く感じる、今作で深く掘り下げすぎてボロが出たようにも思えた百合がストレートに変わると信じていた時代が僕にもありました(良い点)主題歌は相変わらずGood!絵がとても繊細で綺麗、かわいい世界観が美しいく・・・日下部ぇ・・・(;’Д`)ハァハァ

いやぁ、27日中にクリアしちゃいましたよ。ちなみにコンプは28日でしたが。それでですね、今作はFateファンディスクと同じ体系をとっていて、どんな終わり方でもゲームエンドがないんですよ。つまりループしちゃうんです。で、フラグを回収しまくってイベントを起こすと。主人公の設定は、各ヒロインのエンドを経験していることになっているのでハーレム状態ですね。ですから、前作キャラの間でのわだかまりも解消されてる感じでした。正直、前作をプレイしてないと楽しみきれないです。前作での疑問がことごとく解消されていくのが見所ですし、そうではないイベントも前作キャラの設定を知ってないと面白さに欠けるでしょう。ただ、前作以上にやりたいことをやってやったって作品に仕上がってます。ここまで製作者の気持ちが伝わる作品はそうそう見当たらないかも。まぁ、それ故バランスの完成度は前作に及ばないものになってしまいましたが。僕的に残念な所はそこですかね。もう一つ挙げれば、デネブの声が低くて、泣き声とか嘘臭く聞こえるとこくらいですかね。別に合わないわけでも下手なわけでもないのでしょうが、そのせいで感動しきれませんでした。細かいこと気にしない方なら問題ありません。BGMは相変わらず良いできでした。

人生リベンジADV「スマガ」のファンディスク。ハッピーエンドを追い求めた前作と違い「ハッピーエンドなんて、いらない」がキャッチフレーズの今作ですがスマガファンならプレイする事で色々ニヤリと出来る要素が盛りだくさんです。前作同様、話の展開は読みやすいのですがゲームを構成するパーツのセンスの良さも健在。シナリオ自体はファンディスクとしてだけでなく続編として見ても楽しめました。序盤は登場キャラクターが極端に少ないので寂しいですが、物語が進むに連れてキャラも増えていく度に活気を取り戻していく世界の様子を見れるのは素直に嬉しいです。今作のメインシナリオ部分は短い割に、クライマックスでドーンと盛り上げてくれるので、比較的中だるみしてしまった前作のシナリオよりも好感が持てました。というよりノリと勢いで最後まで貫き通してしまう潔さが好きなのかもしれませんが。ただもう少し主人公に泥臭い描写があっても良かったかもしれません。前作にあった必死さみたいなものはあまり感じられなかったので。スマガをプレイしてこの世界が気に入った方は是非このスマガスペシャルで世界の続きに触れてみてください。ハッピーエンドとなるのかそれともハッピーエンドとならないのかそれだけでも見所になるゲームです。

まず、前作はプレイしておくべきです。じゃないと、面白さ7割減。まぁ、ファンディスクなんだから前作やってないってこともないよね?まさしく、ハッピーネバーです。超ご都合主義のハッピーがたくさん。感動もあります。ここまで真面目なバカはニトロならではですね。デネブとカペラの悲哀・親愛・未来・希望。アリデッドと有里の過去・罪・後悔・希望。スピカの天才の由縁が明らかに・・・なりませんw(座談会よりw)あと、もじゃ王。ミラとロボミラと二郎の話も切ないなぁ。オヅボットには専用ムービーが!!(OPの4倍の予算だってw)ガーネットの過去、兄の有馬の話は気になってた。日下部は・・・あ〜・・う〜〜〜〜ん・・・。いつも通り?ラストのあれはバカすぎるw姫々の過去も親父殿と一緒に明らかに。これも気になってた。現在と過去を比べても・・・成長が・・・。(泣)樋ヶと宮本は相変わらず。佐草とアリデッドの過去も分かった。最後の最後に「すまがたちの夜」マジで笑った。やっぱエロゲーのいいところはパロディに寛容なところだな!ほんとにスマガ完全版という感じで大満足。前作やってない人は、セットでプレイしてくれ!

スマガスペシャル画像

-エロゲーム

スマガスペシャルを見る

タイトルとURLをコピーしました