Bradyon Veda 初回限定版

Bradyon Veda 初回限定版

Bradyon Veda 初回限定版説明

対応OS:Windows XP/Vista/7/8

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

審査番号:0031211

Bradyon Veda 初回限定版口コミレビュー

主人公はナンバー最下位の落ちこぼれと言われながらも実は才能はピカイチ、戦いの中で成長して敵を倒していくのでカッコイイし飽きない。味方も敵もバサバサ死ぬ、魅力あるキャラばかりなので本気で悲しくなる。専門用語が多くでるので理解が難しいですが、ウザいならスキップしてしまっても別に支障はないので気にならなかったし、絵とかつて圧倒的な強さを見せたたった10人の兵士達が人類の存亡などを掛けて戦うこの作品は好きです。もっと知られて欲しいし。もっとCGがあって、グロシーンとかも絵を見せながらやったらかなり有名なゲームになってたのではないか。

シオンが主人公を見送るところで涙が止まりませんでした。

こういった作品を待っていました。量子論だとか文系には難しい内容でしたが世界観が作り込まれており尻上がりに作品に引き込まれていきました。キャラも皆魅力的です。下の方がように厨二こじらせた作品かと思いきや…続編期待しています。

時々見かける厨二ゲーかと思いきや、綿密なプロットに基づく壮大なSFバトルADVでした。作品を楽しめるかどうかが読み手の知識に負う部分も大きいところは、メーカーの意欲的な挑戦と受け止めるべきか、優しくないと捉えるかは微妙なところ。でも、萌えヲタ相手の有象無象な学園ハーレムものなんか作るよりはよっぽど好印象。物語の目的と背景に“高次元認識生命体を倒さなければ”という命題があり、様々な政治的理由やキャラ毎の背景からかつての兄弟達が敵対しあうことになる…その原因や過程がこの物語の肝です。勝った負けたでは終わらない“時空を越え未来へ続く願いを受け継ぐ物語”でもあります。量子力学や相対性理論、多次元解釈等…小難しい知識を知らなければテキストを読み返してばかりで世界観を理解できない、のめり込めない部分があるのは確か。特に世界(宇宙)を支配している力(強い力、弱い力、電磁力、重力etc)などは…。それでも主人公達が操る力(神術)やゲーム内の世界背景をよくあるトンデモ設定に依存せず、主に“神性素粒子”と“量子脳”を昇華させることで、うまいこと作り上げています。評価に関しては、先にも述べたように知識に乏しければテキストを飛ばしがちになり、逆にとても詳しいプレイヤーには萎える要素にもなりかねず、難しいところ。それでも、かつての仲間達をどうやって倒すのか?という点やカッコいい演出、熱い神術バトルは十分楽しめましたし、ルート(ヒロイン)を絞り、物語にうまく起伏をつけているので展開がグダグダになることもありません。そうした構成面での配慮もしてあるよくできたシナリオだったので星4つ。キャラ絵が可愛くないとかで避けるような作品でないことは確か。むしろ、他の原画家だとシリアスさに欠けると思う。

Bradyon Veda 初回限定版画像

-エロゲーム

Bradyon Veda 初回限定版を見る

タイトルとURLをコピーしました