魔法戦士ネクストイグニッション

魔法戦士ネクストイグニッション

魔法戦士ネクストイグニッション説明

動作環境 プラットフォーム: Windows XP / 7 / 8.1 / 8 / Vista メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

審査番号:1601017P

魔法戦士ネクストイグニッション口コミレビュー

前作からの2作目らしいのですが、前作が07年の作品なので、状況が全く分らないまま進んでいきます。まあ、ただ、ひたすらヒロインたちが陵辱されるシーンの連続なので冒頭ではどうでも良いです。しかし、「あれから○年、平和になった○○都市にも闇が訪れていた。打倒したと思っていた○○はひそかに生き延び、反逆のチャンスを狙っていた。そして、今、その反撃が開始される」から始まって、前作のエピソードや多少のプロローグ(前作からの説明)があってしかるべき。それすら全く分らないまま、圧倒的劣勢で魔法戦士たちが陵辱されていく。(全然ヌケナイ絵ですが)その上、シーン構成が下手。原画、構成、塗り。全て2級品。ヌキゲーに徹するなら、ヒロインの最大アップや「局部」「ケツ穴」のカットインぐらい入れたらどうなのか。バックシーンなんて「何も見えない」。男のちん○なんて半透明でいい。ましてや男の裸体の描写など要らない。ヒロインを全画面に収める必要はない。手足や髪の毛など一部分が「切れている」アップがちょうどいい。表情の変化も乏しい。「規制解除後」の作品として期待していたのですが、ガッカリ。わわざ作り直す必要、あったの?

声優が半分以上代わってるので、違和感がすごい。イラストレーターもシリーズ開始当初と代わってるし、キャラが同じなだけの別物と思った方が良いかも。

魔法戦士シリーズは最近レムティアから入ったにわかなので詳しくありませんが、なかなか良かったです。まー、この手の作品は実用性を求めて購入しますが、その点に関しては自分的にお気に入りのシーンがそれなりにあって、これからも見返すだろうモノもいくつか…少しネタバレになりますが、全体的にわりとダークというか、魔法戦士側が劣勢で調教より陵辱感が際立った雰囲気だなと思いました。パッケージからも分かる通りある人物のHシーンがわりと多めです。自分はローズとシータ派で彼女があまり好みではありませんでしたが、この作品の彼女の体つきのエロさとシーンのシチュは非常に自分好みで良かったです。それまで魔法戦士としてちょろいイメージがあったのですが、過去を乗り越えるべく奮闘して、それまでより芯の強くなった彼女をひたすら陵辱していく流れはなかなか……特にバッドエンドのシチュは買った甲斐があったなー、と思いました。リップとシータの肉感と陵辱ぶりも好みでしたし、他のキャラもお気に入りのシーンがありました。ストーリー的には、予想通りというか結局そうなるか……と。戦闘パートがないのを面倒がなくなったと捉えるか、物足りないと捉えるかでも評価は変わりますね。まぁ先にも書きましたが、予想以上にお嬢様がエロ可愛かったのと自分的にまた見返したくなるシーンがあったので良かったです。シリーズの今後がどうなるかはわかりませんが、変身ヒロイン陵辱モノとしていい作品を作ってくれるのを期待してます。

トライアングル作品の総シリーズの主人公が総出演している作品です、そのため声優もだいぶ豪華だと思います中盤までやった印象はシリアスストーリーのエッセンスを加えた魔法戦士系統の陵辱系抜きゲーかなと思います、CGも戦闘シーンよりHシーンにほとんど割り振られてます、塗りも結構変わった印象を受けます、今までのシリーズに比べて塗りが柔らかくなったかな?最初に悪い部分?気になった部分はHシーンでのやり取りがワンパ気味なのと、SEがなにかおかしい、射○SEがホースの音みたいにビュービューでてる、こういうところは歴代のエロの中にある仄かなギャグ要素かもしれない陵辱ファンタジーものあるある、クッ殺の亜種、クッ負けが主軸にエロシーンが進みます、魔法戦士ものの宿命かもしれませんいいところは、この値段でこのHCGの豊富さとキャラの豊富さでしょうか、声優さんもうまい方ばかりなので絵柄が気に入ったなら買いだと思います、めんどうな選択肢も殆どありません

魔法戦士ネクストイグニッション画像

-エロゲーム

魔法戦士ネクストイグニッションを見る

タイトルとURLをコピーしました