仁義なき乙女

仁義なき乙女

仁義なき乙女説明

動作環境 プラットフォーム: Windows Vista メディア: CD-ROM商品の数量: 1

主人公・小泉沙紀は、事故巻き込まれやすい点以外は、平凡な家庭で育ち、ごく普通の学園生活を送っている女の子。そんな彼女の前に、ある日突然、関東一の暴力団「虎桜組」の若頭・那由多龍が現れる。彼は、急死した先代組長の跡取り娘である主人公を、時期組長として迎えに来たというのだ!審査番号:0024175

仁義なき乙女口コミレビュー

もっと、軽い感じのアダルトゲームだと思っていましたが、ハラハラ、ドキドキ、じーんときました。今までのゲームの中では、2番目に良かったです。やくざのメンバーが、かわいかったです。今度は、恋恋のゲームを買おうと思います。

専らBL派なんですが、初18禁乙ゲーをプレイしました!!イラストも綺麗だし、特に目立つ崩れもなく音楽はまぁまぁ・・・肝心の主人公は。。私は割りとこう言う子好きです^^元気があって、明るいところやそれに声優さんの声が私好みだった!キンキンのショタ声は大嫌いだったので高くも低くもない声でよかったです!気に入らなければOFFにすればいいのですが・・せっかくなんで^^とにかくこのゲーム声優陣は豪華ですね!!声優さん目当てでも楽しめると思います!内容は前半コミカルで後半は死ネタもあるくらいのシリアスって感じで、endの数も多い!!だからスキップやジャンプ機能があるのは快適でしたね、特にジャンプ機能は選択肢から次の選択肢まで飛ばせるので便利でした。良くなかった点であえて言うなら、シーンがころころ変わりすぎる!さっきまで学校にいたのにいきなり場面が変わってもう夜になってたり。。後はお約束のバグ・・・車で走り去ってエンジン音が場面が変わっても「ブーン・・ブーン」って鳴ってたりテキストと場面がちぐはぐだったりorz・・それ以外はめだったバグはなかったと思います。Hシーンは1人1ルート1回〜2回、やっぱりメインキャラは龍なんだろうけど、私は灰谷先生好きだなぁ〜〜^^全員の攻略キャラのtru end後に発生する龍ルートの「家族」は最後の最後にキタ!!最後にこれをもってくるか〜〜って感じで泣けました!シリアス調にゲームに飽きてちょっと新しい風を入れるならこのゲームは面白いかと思います。

こちらのメーカーの作品はいくつかやっておりますが、今まで好みの作品に出会えなかったためとバグがあったりで購入を控えていましたが、HPを見て購入しました。システムは快適です。念のためHPの修正パッチを当てましたが大きなバグもなく、フルコンプできました。システム音・音量・個別に音量設定できることも好感触でした。内容については攻略キャラによってシナリオの偏りがあったような気がしますがメイン(組に関わってくる人たち)のキャラの分岐が多いのは仕方ないかなと。それが今回は自分の好きなキャラクターだったので、それはそれでよかったですが。また若干、なぜこういう展開に・・・と思う場所もありましたが、バッドエンドよりハッピーエンドに近いエンディングが多かったので(これも攻略対象によって違いますが・・・)私的には○でした。前半のコミカルな掛け合いは面白かったですね。若頭の龍はメインキャラだけあって面白い。主人公のキャラもかわいくてよかったです。その分、後半のシリアスな展開は結構苦しかったです。それを越えてハッピーエンドを迎えた時は達成感が。Hシーンは少なすぎず、多すぎず・・という感じでしょうか。ただ、シナリオによってはあっさり目だったりするので、えっ?と思うこともありますが、今までやった18禁の乙女系ゲームの中ではスチルも多めに感じました。ただ、ここでスチルを・・・というところでなかったのが残念だったので☆を一つ減らしました。全キャラの全エンドを迎え、初めから始めますと新たなことが発生しますので、ぜひフルコンプしていただきたいです!最後の最後で感動しました。

主人公はヤクザの組長として新たな環境に身を置く事になる訳ですが、身近な組員達がいかつい外見と裏腹にお茶目な人柄なので序盤はあまり危機感がありません。若き女子高生組長の関心を引こうと空回る彼らが不憫で面白い(鬼か)。他の方の記述通り、今までの美蕾とは明らかに異なるギャグ傾向のスチルが頻繁に使われていて、美麗なものとの比較が目に楽しいです。出演声優も相変わらず豪華。ただ気になるのは、話の流れがあまり滑らかでないと感じられる点でしょうか。無理に繋いで結果、矛盾や粗が出来ていたり。あとプレイの仕方がまずいのか、落とすキャラを一途に追っていたはずが、途中の選択ミス(?)でいきなり大して好感度を上げていない男性とのルートに入ってしまう事も。これには思わず脱力してしまいました。

静かで落ち着いたムードが漂う「星の王女」とは一変、こちらは明るくハイテンションなストーリーで笑わせて&感動させてくれます。キャラクターは皆個性的かつ魅力的で立ち絵も綺麗ですし、Hなシーンもそこは18禁なのでしっかり作られています。(過度な期待は禁物ですが)立ち絵とイベントCGの出来も高く特にCGのほうは見ていてうっとりするくらい素敵です!また一人につきEDの数も多いので繰り返し楽しめると思います。ただ、話自体は笑いあり感動ありでとても良いのですけど問題は文章で・・・。イベントとイベントの繋がり方がおかしかったり、説明不足な場面が度々出てきたのが残念で仕方なかったです。それさえなければ18禁乙女の中でも随一のゲームなのですが・・・。そこは次回作に期待します。イチオシのキャラははやっぱり龍さん! 全員のトゥルーEDを見た後に真の龍EDが見れますのでぜひ試してみてください。きっと感動しますよ! 

前半は、キャラごとの性格にあったコミカルなシナリオが用意されていて楽しめましたが、それぞれのキャラルートの18禁シーンが、とても残念な出来でした。これが私にとっての初の18禁ゲームだったので、ちょっと期待しすぎ(笑)だったのかも知れませんが…。どのキャラの18禁行為も、「乙女向け」というより「男性向け」で、男の征服欲を満たすような描写ばかりが目につきました。それでも、それが攻略キャラの一人だけならいいのですが、キャラ別という概念で作ってないのでは?と思うほど、H内容(言うこと為すこと・段取り)がワンパターンなのが多くて。もちろん、ルートによってシチュエーションも変わるので、全てではないのですがね…。また、ヒロインの18禁シーンの吹き替えも…臨場感?がまるでなく、むしろ台無しにしていたように思います。18禁シーン以外のシナリオは普通に楽しめましたし、スチルも少々ばらつきがあるものの、美麗なものも多かったです。システム面も、2段階のスキップ機能などで繰り返し攻略にもストレスなくプレイできました。シナリオの長さ、エンディングの数も満足ですが、これは絶対オススメよ!!!とは言えないかな。

前半はギャグちっくで楽しく読んでいけるんだけど、後半になるとシリアスな話に入っちゃって、ルートによっては涙が止まらない!って云うのがあって。特にあまりにも話がつながらないとか、おかしいとか云うこともなく、なかなかの仕上がりなんじゃないかと思います。じっくりテキスト読んだら初回は3時間弱くらいかかっちゃうかな。私はホントに読むのが遅いんで、、、。サブキャラ?ちっくな人に対しても、かなりのボリュームがあったし。割とキャラクター間で色々と関わりがあるというか、、、複雑な事情が絡み合っていました。世の中狭い!(笑)主人公もかなり好印象です。一生懸命頑張ったり、困った人を放っておけない感じとか。がんばれーって応援したくなります。CGは「義経」のときみたいに、何人かの人と分担して書いてますね。おそらく3人くらいかと。塗りと精密さが違うので、結構判る。同じ人で統一するか、もしくはなるべく差が出ないようにできないのかなぁって思います。イラストだけならまだしも、普段の立ち絵も分担してるんですねぇ、、、朝生さんなんか、一番良く判っちゃいます。イベント回想シーンや、エンディングの量も豊富。声優さんも上手。笑いあり、涙あり、まぁ、いろんな意味でごちそうさまな一品ですかね。

仁義なき乙女画像

-エロゲーム

仁義なき乙女を見る

タイトルとURLをコピーしました