花と蛇

花と蛇

花と蛇説明

【初回限定版特典】幻冬舎刊・原作小説 オリジナルカバー文庫本(第一巻)同梱

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

団鬼六の代表作「花と蛇」をゲーム化した18禁アニメアダルト調教ADV。原作の世界観を基調とし、昭和の匂い立つエロスを「調教アドベンチャー」として、SM最高峰の過激さで演出。「調教システム」を駆使しながら、女達をマニアック且つハードに調教し、凄惨な調教に快楽を目覚めさせ、性の奴隷へと堕としていく・・・。「女は二度処女を失う。一度は最初の和合。二度目は最初の調教」季節どころか時間さえも判然としない、全てが閉鎖された田代屋敷。義娘の狂言誘拐によって、この隠蔽された屋敷における静子の性奴隷生活が始まった。惨めな調教そして紅潮するほどの辱めを受け、抑圧された性的享楽が花開いてゆく・・・。主人公以外フルボイスで収録。男女別ボイスON・OFF、テキスト自動進行、テキストスキップ(既読未読含む)、履歴モード(音声再生も可)、用語辞書機能、オートマップ移動、CG観賞、シーン観賞、音楽鑑賞、どこでもセーブ機能を搭載。審査番号:0020332

花と蛇口コミレビュー

とても良かったです。

SafeDisc等のプロテクトによりWindows 10では起動しません。古い上にメーカーも無くなっているので旧環境を用意しないと動かせないです。

伝説的SM小説のゲーム化。オープニングから、力の入ったムービーにため息が漏れました。言わずと知れた、官能小説の金字塔なので、失敗は許されません。そこへ挑戦出来たのはエルフだったからでしょう。システム、ゲーム性はなかなかあって、ミニゲーム風の調教はコツをつかむと楽しいし、癖になるかも。一番大事なエロも充実。ただスカトロ・寝取られ有りなんで人は選ぶかもしれません。私は寝取られが腹立たしかったです。ただし、ストーリー性はその分薄い感じがしました。その点は原作からして、ストーリー性ないから仕方ないかもしれませんが・・・。でも、物語の中で、熱くなる主人公を見て、私も熱くなってディスプレイ前で叫んだりしてました。(エロシーンではないですよ)最近の、どうにも地に足ついてない(勿論、悪い意味で)エロゲーばかりとお嘆きの方にはオススメと言えます。アダルト臭で窒息かも?

昔のSM小説は自分もみましたが、これは時代設定とかが中年の私より古い世代のもので、パソコン使う若い世代の受け入れられるのかなと思いますが。まあ秘密めいていておかしな神秘性のようなものがありますが。浣腸とかメインになりますが、今はAV嬢が平気で牛乳浣腸する時代。生を見た方が面白いし、そういうのが嫌いな人がパソゲーするのではと。実際やって見ると縄の導火線をクリックして当たると調教が進むと言った変なミニゲームなんかあったりして、まあ微妙に面白いし、部屋の中をグルグル歩き回って何か探すのも楽しいです。選択肢もたくさんあるようです(自分は2つくらいで飽きました)。おもしろエロゲーとしてコレクションに加えるのも悪くはないかも知れません。ヤクザ親分の進駐軍英語は昔の英語の先生のようで笑えます。

花と蛇画像

-エロゲーム

花と蛇を見る

タイトルとURLをコピーしました