ロンド・リーフレット

ロンド・リーフレット

ロンド・リーフレット説明

初回特典:フルカラーブックレット『GIRLS』

動作環境 プラットフォーム: Windows XP / 2000 メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

マシュー・ハミルトンは若き執事である。流されるまま父親と同じ道を選んだものの、マシューには執事に対する情熱はない。おまけに雇用主とのトラブルも絶えず、彼の所属する英国執事協会にとっては頭痛の種とも言うべき存在であった。ある日、マシューは新しい赴任先を紹介される。審査番号:0023042

ロンド・リーフレット口コミレビュー

Little Witchの作品をプレイするのは今作が初めてだったのですが、ストーリーも魅力的、システム面でのプレイ環境も快適と、とても楽しむことができました。ただ一つ残念、というか個人的に気になったことが。この作品、それぞれのヒロインに分岐するのが物語の後半のため、主人公が各ヒロインを好きになる過程がよくわかりません。結果として浅いというか、軽いというか、そんなイメージを持ってしまいました。ただ、18禁という要素を除いても十分に楽しめる作品ですので、未プレイの方は体験版をプレイしてみることをオススメします。乱文、失礼致しました。

初めてこのブランドを体験しましたが、名作かもしれません。美少女ゲームというよりは、もう、アニメーションに近い印象をうけましまた。絵は勿論、ストーリー、音楽ともに素晴らしいの一言です。多少、好みが分かれる設定もありますが、人物の心理描写、世界観などの細かい設定によって全体のバランスがとても良い仕上がりになったなと感じました。冬にとても合う作品です!

もしも良質の物語を求めてDVDの注文などをしようとしているのならば、その注文を差し替えてもこの商品に換える事をを薦めたい。ゲームということになっているが、AUTOモードで会話を聞きながら話を進めればまるで良質のアニメ物語を見ている様だ。もちろん、PCソフトなので完全なアニメではないが、隣に彼女がいても恥ずかしくない話しが満載だ。友情、仲間、愛情、憐憫、控えめなちょっとエッチなシーンよりそういった物語に注目してほしい。話しは8話ぐらい続き、各話完結で進んでゆくのだから僕は満腹でうれしい。一応ゲームと銘打ってあるので途中でホンのちょっと選択をする場面があるが、それは予想もつかない結果として違う物語を進ませる。可愛いものが好きな女性にもぜひ薦めたい。もちろん、18歳以上の女性にだが。

まぁエロゲーなんだけどね。そして、レベル的にも、★3つのシナリオにすぎない。・・・けど、大槍さんの絵が好きであれば、物凄くウルトラ楽しめる作品です。なんというのか、リトルウイッチの作品って、物凄く安定していて、僕のようなうるさい奴が見ても、その出来は凄く安定している。物語で、なんか覚める・・・要なことが皆無。というような、ヴィクトリア時代の雰囲気の作り込みと脚本の安定性の中で、あの超大好きな絵を見せられると、もたまらないんですよねー。本当に胸がときめく。個人的に、世界名作劇場を見ているような感触がずーっと消えなかった。いや、好きなやつは絶対買いですよ。出来がいいもの。はうわー、子爵公女のしゃべりかたが、かわゆーてしかたがありません。

せっかく1892年のロンドンという設定で、きちんと時代背景を調べているという体なのに、ストーリー展開のための嘘設定をちらほら混ぜ込んでいるのはいかがなものか。そこを気にしなければ、ご都合主義だという印象はいくらかマシになります。主人公があまり好きではないです。庶民庶民と口にする割には、自分の立場をわきまえてない。女の子が可愛いだけに残念です。いくら知らなかったとはいえなんの葛藤もなしに異母妹と恋愛するのもなあ。小魔女はQuartet!!とシュガーコードフリークスをプレイしましたが、私はQuartet!!のほうが好きです。

他の方もおっしゃってますが、リトルウィッチの待ちに待った新作です。私も予約して買ったクチです。無料配布の体験版はプレイしていましたが、それでも不安材料はありました。まず初のフルボイス化。DC版の『白詰草話』は良いと思いましたが、PS2版『Quartett!』の声優さんのイメージが若干違っていたのと、オートプレイにした際のテンポが悪いような気がしていたので不安だったのですが、今作については全く問題ありませんでした。これも他の方がおっしゃってますが、オートプレイがこんなに快適なゲームは他にないでしょう。あと今作から今までのFFDを控えめにして、普通のADV寄りになった事があるのですが、シャープで良質なシナリオのおかげで一切気になりません。特筆すべきはやはりシナリオの良さで、後半それぞれの女の子のシナリオに入ってから、一切反復して読まされる事はないし、他のゲームによくある「メインのヒロイン」の付随物として他のヒロインのルートが書かれた物、という印象はありません。完全にそれぞれのヒロインの物語が構築されています。このゲームをプレイした後、同日発売された別会社のAVGもプレイしましたが、完成度は明らかにこちらが上でしょう。リトルウィッチのゲームを一本でもプレイして、それが嫌いではなかったら、絶対に有意義な時間を提供してくれると思います。

古い映画だが、「ミスター・アーサー」をご存知だろうか。内容は、金持ちの放蕩息子が女優志望の女の子と出会い、お金より大切なものに目覚める、という話である。ま、話はたいしたことないのだが、この映画に出てくる老執事がいい味出してるのだ。主人公の放蕩息子を時に厳しく、時に暖かく見守る老執事の存在がこの映画の全てと言ってもいい。さて、本作「ロンド・リーフレット」だが、こちらにも老執事が出てきて、これもやっぱりいい味出してるのだ。プレイしながら、何度も「ミスター・アーサー」の老執事を思い浮かべていた。本作の舞台は、1892年のロンドン。貧乏貴族の女子爵家に勤めることになった若き執事マシューが、じゃじゃ馬なお嬢様、やる気のないメイド達を相手に次々と起こるトラブルに奮闘するというもの。正直、ストーリー自体は尻すぼみな出来なのだが、相変わらずグラフィックと音楽は素晴らしい。今回初めて導入されたボイスについても、声優陣の好演で違和感なく仕上がっている。また、中原涼によるOP・ED主題歌も素晴らしい。個人的には好きな雰囲気の作品なので、後半の展開に物足りなさを感じつつも楽しむことが出来た。最後に、プレイ時にはオートモードをお勧めする。テンポのいい会話劇なので、より楽しめる。

ロンド・リーフレット画像

-エロゲーム

ロンド・リーフレットを見る

タイトルとURLをコピーしました