尾行3 DVD-ROM版

尾行3 DVD-ROM版

尾行3 DVD-ROM版説明

18禁リアルタイム3D尾行シミュレーションゲームの第三弾

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

18禁リアルタイム3D尾行シミュレーションゲームの第三弾。現代とよく似た世界を舞台にし、警戒する女の子に気付かれないように尾行していく。純愛と陵辱の両方のパターン展開が可能で、前半のアドベンチャーモード内の選択によってアイテムを入手、そのアイテムによって、尾行後の純愛、陵辱の成否が分岐していく。動画再生エンジンBOXER NC(ボクサー・ニューコンセプト)を搭載。今バージョンでは、尾行アクションシーンで起こる様々なアクシデントや身を隠すアクションを追加。視点変更システムで、より深い尾行感覚を再現。「VRシステム」を駆使し、「バーチャルSEX」を表現。女の子の柔らかい胸や体の仕草はもちろん、リアルな体液描写やアクロバティックな体位などより過激な映像を収録。現実の女の子から動き(モーション)を読み取ってゲームキャラクターに反映させる「モーションキャプチャシステム」を採用。審査番号:0017312

尾行3 DVD-ROM版口コミレビュー

最近の評価もなく、ずっと前の作品なので躊躇しましたが、勇気を出して買ってみました。気になる、絵や動きのレベルですが、期待していなかった分、とても好印象だったのが素直な感想です。陵辱ルートはハードすぎず、なおかつ純愛ルートへ逃げる余地もあります。驚いたのは、最近の同メーカーにも通じる、弄れるポイントを探したりドラッグしたりホイールなどにより、ピストン体勢が変わったり、スカートを恥じらいながらたくし上げたり、良い反応が返ってくる愛撫のシステムです。オートピストンもできます。中から溢れ出る逆流シーンや、ピストン時の女の子の動きが悪くないのもポイントです。尾行パートは、失敗後も途中からスタートするので簡単なうえに親切。回想モードでは、各ルートを一度見ればすぐHプレイへ飛べます。最近のこのメーカーにしては、陵辱要素は珍しいと思いますので、とりあえずの一本ってことでお勧めしたいです。

楽しいのはタイトルになっている「尾行」ですね。見つかるかもしれない!、と言うハラハラ感よりヒロインの後をつける背徳感がたまりません!ですが後をつける為に用意されたマップ(街並み)が単調過ぎです、街には一人も通っておらず(車は通ってます)リアル感はほぼ0Hシーンは二通りあるがどちらもつまらないので2〜3回やれば飽きます。まぁ後をつけると言うリアルでやれば犯罪行為を体験出来る数少ないゲームなので興味があれば体験してみてはどうでしょうか?

trashn. debris, garbage, litter, offal, refuse, rubbish, dregs, riffraff, scum, drivel, foolishness nonsense

好きなシリーズです。過去作より格段にビジュアル&操作性が良くなりました。Hシーンもいろいろな反応や前戯が楽しめます。悪い点としては、女の子キャラに感情移入しにくいこと。結果Hシーンも盛り上がれません。ゲーム性はあるのに、作りが淡白なせいだと思います。テキスト→尾行→H、では短すぎ。すぐに飽きてしまいます。「○○ちゃんの和姦Hイベント見たいけど、条件がムズイ」「どうやったらイベントみれるの?」ぐらい歯ごたえある子がいてもよかったような。技術はすごくいいので、ゲーム性を改良して尾行4を出してほしい。

イリュージョンお得意の3Dアダルトゲームが好きな方にはお勧めです。(ちょっと古いので強くはすすめませんが)イリュージョンのゲームの多くは純粋にゲームとしてはあまりおもしろくはありません。Hシーンを見るための試練(?)に過ぎません。尾行シリーズはHシーンが 陵辱系と純愛系 二通りあるのが特徴です。高校生 ウエイトレス 女スパイ 女教師 巫女さん とたのしめます。巫女さんだけいわゆる触手系の陵辱シーンがあります。あいかわらずつまらないゲーム性はマイナスポイントです。私としてはイリュージョンのゲームはグラフィックが二年ごとくらいに進化の差が実感できます。なお、イリュージョンのホームページで推奨されている動作環境は厳しく表示されています。実際には古いマシンでも結構動きます。

見つかるんじゃないかというドキドキ感がありまして、楽しめました。実際お姉ちゃんたちに何度見つかったかわかりませんが、アイテムとかところどころにあってそれによってプレイが変わったりして、初心者向けだなと。ただ、古いソフトなので、動作が少ないのはしかたないってかんじです。

尾行3 DVD-ROM版画像

-エロゲーム

尾行3 DVD-ROM版を見る

タイトルとURLをコピーしました