レコンキスタ 初回版

レコンキスタ 初回版

レコンキスタ 初回版説明

「首刈り女」と呼ばれる都市伝説を巡った18禁ミステリアス恋愛ADV

動作環境 プラットフォーム: Windows ME / XP / 98 / 2000 / Vista メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

18禁ミステリアス恋愛ADV。本州の太平洋沿岸に浮かぶ、海上ニュータウン。そこは国際的な新興住宅地として開発された人工島だったが、今では見る影もなく寂れてしまった場所。そして現在、その街を舞台にして、ある噂がまことしやかに囁かれていた。夜中にニュータウンの中をうろついていると、槍のような刃物を持ったセーラー服の少女が現れて首を刎ねられる・・・。通称「首刈り女」と呼ばれるその都市伝説を巡って、人知れず物語の幕が上がる・・・。回想モード(ウインドウ/フルスクリーン切り替え可能)、CG鑑賞モード、メッセージスキップ、オートプレイを搭載。原画担当はあんころもち、笹井さじ他。初回限定版。審査番号:23599

レコンキスタ 初回版口コミレビュー

良くできたサスペンスだが、それ以下でもそれ以上でも無い。暮葉、麻咲編は素晴らしいが、それから先は内容のレベルが落ちて行く。そのなかで中心の位地にいるのが汐見師。真帆子、詩菜編は「キリスト者」であるが故に「霊魂の不滅」を信じた彼の不毛で不幸な物語である。第二部はこれまでのエピソードを補完する形で、暮葉と汐見の生い立ち、彼らの幸から不幸に到る過程、その結果負ってしまった罪と、第三部に到る伏線が丁寧に描かれる。ここまでは名作と成なれる要素があった。しかし、肝心の第三部に汐見に加え上條を追加してしまい、ストーリーにも新しい展開は無く、内容は一部、二部のごちゃ混ぜとなり、最後はお約束のご都合主義なエンドとなってしまい、それまでのシリアスな雰囲気を壊して、「結局何を言いたかったんだ?」というお粗末な結果となってしまった。自分的にはラストで炎のなかに共に立つのは暮葉と汐見であるべきで、炎により二人の罪は「浄化」され、暗い過去が精算される(上條はそれを見届ける「証人」となる)。その上に新たな未来ある世代の物語が始まる…というのがベストであったと思う(そうなればエピローグもいきる)。なお、Reconquistaとは通常中世時代のキリスト教勢力によるイスラム教勢力からのイベリア半島南部奪回を意味するので特に外国人には要注意。

たった今、本当にたった今さっき全てのシナリオを終えました。まず一番言いたいことを記します。必ず、買ってプレイしてほしい。焦らず、しっかりじっくりプレイしてほしい。他のレビュアーの方々も書かれておられますが、これはどうあがいても純度100%の泣きゲーです。プレイし終わって満足できました。以下、他のレビューを参考に、自分なりの感想をざっくりと綴ります。シナリオに関しては真帆子ルートの終わりがけ以外は素直にプレイすることができました。主人公が自分を犠牲にするのかと思いきや、やや都合いいように汐見が横入りしてきた点に納得できませんでした。ただそういっても、ラストシーンのCGは素晴らしく、否定もしきれません。シナリオ以外では、些細な誤字が多いのがプレイヤーながら悔しかったです。ごく一部、表示されてある文章と、声優さんのセリフ内容とで違っている箇所があるのも勿体ないなと思いました。最後に、さいごは上条夫妻で正解だと思います。

 この作品の主題歌が好きなので「プレイして初めて歌詞の意味がわかる」と聞いて購入しました。 1人クリアするごとに、歌詞の意味が「見えて」きます。 シナリオライターが書いた詞も、ElementsGarden作曲のメロディも、まさに作品そのものでした。 BGMも、ゲームの雰囲気に合ったものばかりです。 ゲームのタイプは、完全なノベル形式です。 選択肢が少なく、バッドエンドへの選択肢はさらに少ないうえに、ヒロインの攻略順も一部決まっています。 内容には、かなりの残酷表現があります。 私は年齢規制のことはわかりませんが、Hシーンをぜんぶカットしても、18禁だと思います。 少なくとも15禁は確実です。 でも、中には、ストーリー上絶対に必要な場面もあり、エロとは違う意味で、18禁であることの必要性を感じました。 18禁でなければ伝えられないものもあるとわかった気がします。 ただ、確かに泣ける話で、一度ならず泣きましたが、一部のルートの日常シーンがどうしようもなく退屈でした。 平和な日常があるから事件部分が盛り上がるとはいえ、もう少し日常シーンを何とかしてほしかったです。評価は、10段階なら9ですが、5段階なので、ややオマケの「5」にします。

思っていたよりもサスペンス的な要素が多く、設定と合わせて非常に面白い構成となっていました。描写や表現が生々しく、かなりリアルに感じるので、苦手な人はご注意ください。

フルコンプリートをする価値があります ネタバレかもですが、ほんとうの主人公は あの二人じゃありません。 大切な人や、結婚などが私生活の視野に入ってる年齢層が高めの人にはかなりオススメです。 クライマックスED 声が聴こえる〜Callingyou〜 涙なくして聴けないよ このゲームは後世に語り継ぎたい…

シナリオ、グラフィック、どれをとっても最上級ですね。BGMとか神ですしwただ、男性キャラにボイスがなかったのが割と残念でしたね。

タイトルはゲーム内容について言及したものではありません。私は今まで様々なゲームをプレイしてましたが、その中には当然、こんなことを思わされる名作もありました。『記憶を抹消して、もう一度このゲームをやりたい』レコンキスタはその中の一つです。いわゆる隠れた名作と呼ばれるものですが、何故隠れているのか未だに分からない。話の質はそれこそkeyにも劣らない、作り込まれた泣きゲーなんです。話題作りと制作スタッフに金をかけて、あるいはねこねこやコットンがもっと高い知名度を有していれば、家計やオルタなどのように長く語り継がれる泣きゲーの代名詞の一つになっていたかもしれないように思う。レコンキスタはSnowやAirのように過去と現在に伏線を散らしつつ、次第に集束させていってプレイヤーに物語を認識させ、果てに感動を呼び起こす作りになっている。この後にコットンが制作したアンバークォーツの流れがさらにAir寄りになっていることから、snowのように実際、意識していたのではないかと思われるが、定かではない。ただ、例え意識していたとしても、そんなことはどうでも良いと思わせてくれるくらい、これはレコンキスタという一つの作品として完成している。物語が長いかどうかは主観次第だろう。面白ければ長いとは感じないはずだ。実際、私はレコンキスタも、エロゲ史に残る長作ハロワも長いとは感じなかった。むしろ、長い分、ゲームを楽しめるのだからいいと思っている。最近感動していないなら、渇いた心の清涼剤としてこれをお勧めする。ギャグこそ少ないし、シリアスもありはするが、その全てに納得できる最後が待っている。一滴の涙を瞳にためて、最高のエンディング曲を聞きながらスタッフロールを眺めていると良い。ブラックアウトした画面に、自分の満足した顔が写っているはずだがら。以上、感想でした。バイトーチ

レコンキスタ 初回版画像

-エロゲーム

レコンキスタ 初回版を見る

タイトルとURLをコピーしました