あくまで、これは~の物語

あくまで、これは~の物語

あくまで、これは~の物語説明

本作は、「シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~」を2016年12月に発売し、デビューしたAzuriteの第2弾作品となります。前作と同様にミステリージャンルとなりますが、本作はサスペンスではなく、よりミステリー色の強い作品となっております。原画には商業作品・同人共に人気の原画家である「七尾奈留」「ななろば華」「みけおう」の3名を起用。「可愛らしい絵×ミステリー」の不思議な世界観を提供します。

動作環境 プラットフォーム: Windows 7 / 8.1 / 10 メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

とある山奥の田舎、といっても都会へ繋がる新幹線は通っているし、近くには湖や登山客で賑わう山もあり、そこそこ栄えている。 そんな町に住む“城一”は、数年来の友人である“えみ”の演劇を見ていた。 それはフィクションであるが、劇の役から見ればノンフィクションの物語。 “えみ”は演者として、“城一”は観者としてそれぞれ物語を楽しんでいた。 お祭りの季節–夏。 町はお祭りムードで、“城一”たちは演劇祭設営のバイトをすることになり新たな出会いを迎える。 寡黙な少女“かな” 活発女子“陽夏海” おっとりお姉さん“ゆかり” 出会いとは別に一つのささいな事件が起きる。 それは夏休み直前に届いたスマートフォン。 機械に疎い“城一”は、“えみ”にNEELというチャットアプリの使い方を教わる。 そんな中メッセージ通知でスマートフォンがバイブで揺れた。 【友人登録が申請されました】 “城一”の目が曇る。 その差出人名は、ジサツした筈の友人からだった。審査番号:1800236

あくまで、これは~の物語口コミレビュー

起動にアクティベーション必須かつアクティベーションコードの再使用は不可のため、中古で買ってもまず起動しないと思った方がいいでしょう。そのため、コード使用済みと明記していない業者の中古品は詐欺の可能性が非常に高いです。お気をつけください。私も「買取&販売 ゲートナー」という業者にやられました。

あくまで、これは~の物語画像

-エロゲーム

あくまで、これは~の物語を見る

タイトルとURLをコピーしました