最終痴漢電車2 KAGUYA コレクション

最終痴漢電車2 KAGUYA コレクション

最終痴漢電車2 KAGUYA コレクション説明

動作環境 プラットフォーム: Windows ME / XP / 98 / 2000 / Vista メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

深夜、終電の後に運行される謎の電車『最終痴漢電車』。乗客は飢えた痴漢たちと、「ゲスト」と称される女性のみ。主人公、新堂巧はひょんなことからその『最終痴漢電車』に乗り合わせます。その中で繰り広げられる光景に魅せられた巧は、もう一度『最終痴漢電車』に乗る事を望むが・・・審査番号:0024765

最終痴漢電車2 KAGUYA コレクション口コミレビュー

一言で表現すれば「普通」でしょうか。CGは綺麗です。少なくとも自分は好きです。内容もそこまで期待を持たずに買うのであれば、そこそこ満足されるのではないでしょうか。痴漢工程は場所さえ割れれば後はその繰り返しで、正直面倒です。先に述べたように、そこまで期待せずに買うことをおすすめします。

感想:よしですね、絵、シチュともに○。キャラに外れなし。下の理由で迫力半減、残念な点ですね。注意点:vista対応なってますが解像度が640です、フルスクリーン(ワイド対応してません)

値段の割りには、良作です。痴漢列車3とは違い、面倒な操作も少なく。シチュエーション、構図なども、良く練りこまれています。損の無い商品だと、判断しました。

アトリエかぐやの看板絵師とキャラに相応しい声優を合わせた美味しい一品。主人公の行動理由がエロであり全てがエロに帰結する御都合主義な構成である為に、ストーリー性はゼロ。システムもただどこを触り女性を落とすかを選ぶだけのもの。その点は作業になるのでもう少しどうにかして欲しかった。ただそれを差し引いてもエロに超特化しており、何人もの女性を同時攻略可能。攻略自体が痴漢(=エロ)であり、最終目標であるハーレム(輪強エンド)の他に、愛した女性とのラブラブエンドも選べます。ただ、何もかもプレイヤーの思い通りだからこそキャラとの駆け引きや心を動かされる様な深い意味でのエロスは無いです。そもそもこの作品は軽くプレイしてすぐにでも痴漢セックス→調教セックスと抜かせる為の作品なので、怒濤の濃厚エロス…とかにはなりようがない訳です。しかし先述の通り看板絵師の非常に美しいグラフィックといやらしい演技が素晴らしいエロを生んでいるのは間違いありません。廉価になった今、金額的にも手頃。目的が合致していれば損はない内容です。

最終痴漢電車2 KAGUYA コレクション画像

-エロゲーム

最終痴漢電車2 KAGUYA コレクションを見る

タイトルとURLをコピーしました