幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT

幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT

幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT説明

動作環境 プラットフォーム: Windows メディア: DVD-ROM商品の数量: 1

「なんで隣の家がホ○イトハウスになってるんだ!?」 ジャンル:大統領や補佐官や宇宙船とイチャラブするADV 対応OS:Windows 2000/XP/Vista CPU:必須/Pentium 800MHz以上(推奨 1GHz以上) メモリー:256MB以上(推奨 512MB以上)Vistaは1GB以上 HDD:未定 メディア:DVD-ROM 原画:仁村有志/ひさたけ/蒼魚真青 シナリオ:宮蔵/空下 元/時乃 音声:主人公以外フルボイス その他:DirectX9.0c以降 画面解像度 800×600以上 西暦20××年、新本(にっぽん)。 その朝、主人公はいつものように幼なじみの少女に起こされる。いつもと変わらぬ日常の朝―― では、なかった。 「なんで隣の家がホ○イトハウスになってるんだ!?」 「だってわたし、大統領だもん♪」 その日を境に、主人公の平和な日常は木っ端微塵に吹っ飛んだ。 一夜にして『新本』は大統領制となり、あろうことか大統領は幼なじみの女の子。 しかも、誰一人この異常な世界を疑問に思わない。昨日までの世界を知るのは主人公ただ一人だった。 混乱する主人公は、突如部屋に現れた少女に謎の怪光線を浴びせられ、意識を失う。 気がつくと、そこは見たこともない機械に囲まれた部屋。 少女は開口一番、こう言った。 「妾は宇宙人だ」 「は?」 ――遠い宇宙から、国交樹立のために地球へとやってきた宇宙人。 しかし、乗っていた宇宙船がアクシデントによって新本の首相官邸に墜落してしまった。 一度に首脳陣が全滅してしまったため、急遽その場に居合わせた少女を代役に立て、 つじつまを合わせるために全人類を洗脳した宇宙人。 しかし、地球に関する知識に乏しかった宇宙人は、この国を大統領制にしてしまったのだ。 「おまえの記憶を使って、元の世界に戻す。協力しろ」 何故か昨日までの世界を覚えている主人公の記憶をもとに、世界を元通りにする。宇宙人はそう言った。 死んでしまった首相達を蘇生する間、副大統領として大統領である幼なじみをサポートすることになる主人公。 UFOが女の子になったり、大国ルシアの美少女大統領が来日したり、謎の宇宙人に襲われたりと波乱万丈な日々が続く。 元の世界を取り戻すため、今日も主人公は頑張ります。

幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT口コミレビュー

一応クリアはしたので、レビューを書かせて頂きます。まず率直な感想としては、タイトルにもあるように「中途半端」。ルート分岐ももう少しあって良かったし、攻略可能キャラもエンドの数も必要最低限にちょっと彩りを加えた、くらいにしか感じられません。また、大統領という設定を生かし切れていない点も少なからず見あたりました。一番気になったのが、パロディ・コメディ要素の中途半端さでした。序盤は誰彼構わずそういったネタ要素をふんだんに盛り込んでいるにもかかわらず、一旦誰かのルートに入ってしまうと一気にそういった要素が少なくなってしまう。ギャグゲーとしてはかなり痛い点だったと思います。これらの欠点がファンディスクの方で改善されていることを祈るばかりです。自分はまだ持ってませんが(笑)良かった点等は、まずキャラクターが可愛いところ(笑)自分自身こういった類のゲームはあまりプレイしないので良く分からないのですが、それぞれが個性的で魅力溢れるキャラだと思います。ツンデレキャラも「べ、別にアンタのためにやったわけじゃないんだから!」の様なありふれたツンデレではなかったのが評価できます。各キャラのルートに入っても、全員の魅力が分かるゲームは非常にいいと思います。また、声優の演技力も相当な物だったと個人的には思います。叫び等の比較的声を大きめに出すセリフはどちらかというと演じやすく、逆に声の小さい、呟く様な声は棒読みに近くなりがちなのですが。このゲームではその様なことはなく、ボイスに関しては違和感なくプレイできました。あとは全体的にBGMが自分のツボでした。クオリティも高く、ゲームの雰囲気に非常にマッチしていたと感じます。OP・EDも楽しませて頂きました。最後に。このゲームは、自分はなかなか楽しくプレイできたのでいいのですが、その独特のノリが苦手な方もいるかもしれません。またキャラクターからしてパロディ満載なのでそちらも苦手な人が多いと思います。よって、まずは買う前に体験版をプレイしましょう。このゲーム以外にも言えたことですが(笑)

最初からパロディネタ全開で、かなり笑える作り。ヒロインと恋仲になると多少、シリアスになるが、それでも最後までネタ満載な作り。個人的にはボリュームがもう少し欲しいが、コミカルな展開は一見の価値あり。声優もノリノリです。

とにかく選択肢が少ないのでサクサク進めることができます。ただ、ルート確定の選択肢の中には分かりにくいものが幾つかありましたが。内容的には2チャンネルネタが多く、中にはナ○シコのネタもあったり…テンションが高めなので冷めてきてしまうようにも感じましたが、それほど長くは無いのでちょうど良いかも。とにかくそれなりに楽しめます、絵が好みなら試してみてはどうでしょうか?

言うなればキャラ萌えバカゲーですね。ディスクレス可、主人公以外フルボイス。とりあえず常にテンションが高いです。ネタも2ちゃんねるやアニメ、ゲームなどからもあります。たまに笑えるところもありましたが、同じようなテンションなので逆に冷めていくと言った感じも。突っ込み所満載でおもしろいんですがね。シナリオは特に濃くもなく、重いということもないので気軽に何も考えずにやりたいという人にはお勧めです。Hシーンは1人だいたい2、3回コスプレとかあります。濃くはないですが、淫語を言ったりはあります。音楽はBGMはそこそこ場面に合ってるかと。歌は人それぞれですが自分的にはう〜んって感じです。キャラはサブヒロインに至るまでかわいいかと。というか男キャラが濃すぎる。体験版やって頂ければわかると思いますが、終始あのテンションです。告白などはシリアスになりますが、それでも良ければ買っても損はないかと。ちなみに長くはないです。2周目以降スキップ使って20時間前後でした。長文、駄文失礼しました。

中身はいちゃラブゲームなのですが、とにかく主人公のセクハラ行為がすごいというかひどい。^^;普通にヒロイン達の胸を触るし、セクハラ発言連発です。シリアスな状況下でもお構いなしです。それをスルーできるなら楽しめると思います。キャラは、幼馴染、ツンデレ、お姉さん、ロリとそろってはいますが、お姉さんは1歳違いです。ストーリーの長さは程よい長さ。1人大体6〜7時間くらいかな?色々な小ネタを挟んでいて笑えます。このゲームのいいところは、会話中でもキャラの表情がコロコロ変わるところ。可愛いです。ストーリーは正直ハチャメチャです。筋は通していますがハチャメチャです。Hシーンはメインヒロイン(パッケージ中央にいる2人)が3つ、その他に2人2つです。内容は・・・結構主人公が攻められます。まぁ、主人公も10倍返しくらいに攻め返してはいますが・・・。一方的に主人公が主権を握っていることが少ないシーンが多い様に思われます。このゲームを買う時の基本は絵です。パッケージの絵を見ていいと思ったなら買ってもいいと思います。ストーリー自体がハチャメチャなので、絵を基準にした方が後悔はしないと思います。・・・そうそう、言い忘れました。攻略対象ではありませんが、メイドさんも出てきますよ。、

好きなブランドですがこの作品だけは、不快でしかたない。エロキャラなのも、メタ発言も、パロディも受け入れますが、主人公の思考回路がおかしい。キャラ設定でエロ優先だからやお調子者だからという理由で嫌いなわけではなく、本人は正論を言っているつもりで間違いを通す。これは主人公の意図的に「だましてやったぜ、くふふ・・・」ではなく、ゲーム自体が淡々と許す(主人公本人も当然だと思っている)。1例を挙げると普段周りに気を遣い、優しい主人公が嫌だというあだ名をつけるシーンヒロイン1「プーチン」ヒロイン2「やっぱりそのあだ名はやめてほしい」主人公「(説得文を並べて)友愛表現を無碍にするのはよくない」普段のこの主人公なら「本人が嫌だといってるならやめるべきだ」とおそらく発言するがゲームとしてプーチンと呼ばせるために主人公が言わないであろう発言を平気でしまかり通る。プーチンというあだ名があるヒロインがほしいのなら、あだ名を無理やりつけるキャラにつけさせるなりり、外国人設定を活かし本人に嫌がらせないなりなどもう少しやりようがあるだろう。このようなこいつの普段の発言とずれが連発、だが主人公はいいやつ設定。場面によっては呆れるくらいのずれがあり、「ゲーム上のミス」と表現しないなら「突如思考回路がおかしくなる」と表現するしかなくなる。全ルート散りばめられており、ただただ不快だった。

このゲームは凄い。キャラクタ-が現実の『プー●ン』、『オ●マ』など危険なパロディネタで構成されており、主人公の名前にいたっては純一郎です。設定がこんなギャグですから内容もギャグ中心で進んでいきます。分かりやすい例をあげると、ヒロインにとんできた看板があたりそうになれば『危ないっ!』と言って身をていして助けて負傷するのが主なエロゲーの主人公。ヒロインにとんできた看板があたりそうになれば『僕は死にましぇん!』と言って身をていして助け、平然としてるのがこの作品の主人公。バカゲーの中のバカゲーでした。他作品なら攻略出来るだろうサブキャラが攻略出来ないのが残念なのと真面目なとこもギャグで通すのでそこがちょっとマイナス。前者はFDがあるのでおいといてもいいですが後者はシリアスな雰囲気が好きな人には向かない要因となるでしょう。楽しい作品が好きな人はプレイして損はないかと。自分は気に入ったのでFD買います。

幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT画像

-エロゲーム

幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENTを見る

タイトルとURLをコピーしました