妹欲DEAD催眠 ストレートエディション

妹欲DEAD催眠 ストレートエディションえろげーむダウンロード

妹欲DEAD催眠 ストレートエディション

作品形式
アドベンチャー
ジャンル
同居 中出し 複数プレイ/乱交 催眠 放尿/おしっこ 巨乳/爆乳

妹欲DEAD催眠 ストレートエディション内容

――両親が他界し、僕は学園を中退した。
出稼ぎの為に一人で上京し、そろそろ二年ほど経つ。
しかし先週、唯一の保護者だった祖母も他界してしまい、
僕は一旦実家へ戻って、学会の指示の下で葬儀を行った。
そこで妹の『まどか』とも相談し、二人で上京する経緯になったのだ。
妹の受け入れ準備を整えるため、僕だけ先に東京へ戻る。

そして、今……。夕暮れ時の駅前で、まどかの到着を今か今かと待っていると……。

【まどか】「お兄ちゃん、お待たせ」

振り向けば、そこにまどかが立っている。僕の……この世で一番大切な妹、まどか。
一日たりとも、まどかを思わなかったことはない。まどかを思うと胸がキュンとする。
僕は今後の生活に期待を抱きながら、まどかを狭いアパートへ連れて行った。
その晩は、まるで両親と一緒に住んでいた頃のような、楽しい時間を過ごすことが出来た。

しかし……翌日。

午前中はまどかに駅前を案内し、昼食後はまどかと別れて、そのままバイトへ向かうつもりだった。
だけど横断歩道で、信号が青に変わったその時!

まどかは急に身体を痙攣させて、横断歩道のド真ん中で倒れてしまった!
僕は情けないことに、まどかの身に何が起きたのか分からず、まどかの名前を連呼するだけだった。

そこへ車から、美しい女性が駆け寄り、

【 ? 】「さぁ! 車に乗せるから手伝いなさい! そっとよ! 慎重に持つのよ! 早く!」

その女性は、まどかと僕を車に乗せて、渡来総合病院へ連れて行ってくれた。
お医者さんが仰るには、まどかの症状は心労による貧血で、とくに心配はないと診断してくれたけど……。
その女性は、『MRI検査、血液検査、尿検査も行ってください』と、親身になって検査要求をしてくれた。

だけど、特に何の異常も見つからず、僕とまどかは帰宅することに。
その女性は、僕とまどかを喫茶店に寄らせて、名刺を渡してくれた。……さらに、

【 ? 】「お医者様は貧血と言ったけど。まどかちゃんの症状は、私が発症した初期症状にソックリだわ。
このお薬を飲みなさい」

と言って『マッド329』という錠剤を渡してくれた。

【 ? 】「私のお薬をあげる。これを飲みながら、幸せになることを誓い合いなさい。
このお薬を飲ませたあとは、『愛の催眠』を仕掛けるの。
その行為がまどかちゃんのポジティブ思考を呼び覚まし、麻痺した自律神経を正常に戻してくれる筈だわ」

――そして、その晩。
僕は早速、『マッド329』をまどかに飲ませて、就寝しようとする。
しかし……まどかは、そのとなりで……。

■登場キャラクター
●まどか (CV:渡会ななせ)
本編のヒロイン。
純心で、お兄ちゃんが大好き。
周りが恐れるほどのお兄ちゃん(=主人公)大好きっ娘。
素直な分、本気を出せば頭はズバ抜けて良い。
本当は何でも出来ちゃう娘。
しかし一旦病気になると、抗体力が弱くて回復は遅い。
どこか危うい脆さを醸し出している。
これまでの学園では物静かな女の子に見られがちだが、家庭では頑固な一面も。
お兄ちゃんに対してベッタリなワリに、ちょっと生意気な口答えをしちゃうこともしばしば。
にもかかわらず、お兄ちゃんの性的興奮を煽るパンストは毎日好んで履く。
外見の可愛らしさとは裏腹に、お兄ちゃんの前では変態的なところが目に余る。
実家暮らしの頃、お兄ちゃんの為にわざわざオナニーでシミを作ったパンティを一週間履いてみせたり、
それをわざとお兄ちゃんの部屋前に落としてみたりと、お兄ちゃんの趣向に沿った変態性を120%発揮。
(もちろん、お兄ちゃんはソレを大切に保管……)
将来は、お兄ちゃんのお嫁さんになることを夢見ている。
本編の序盤では、上京した翌日に、まどかにとって何か恐ろしいモノを見てしまったが為に、
突然、横断歩道で倒れてしまう。
製薬会社に勤務する女性から『マッド329』というお薬を授かる。
まどかとお兄ちゃんは、『愛の催眠』という催眠療法に挑み、必死に病気回復を試みるのだが……。

妹欲DEAD催眠 ストレートエディション画像

妹欲DEAD催眠

妹欲DEAD催眠

妹欲DEAD催眠 ストレートエディション詳しくは

 

タイトルとURLをコピーしました